俺的ジャンプ作品10選から外した作品 B面 の巻

 f:id:poison3rd:20190511132027j:plain

 先日からの「俺的ジャンプ作品10選」から外したタイトルの残り分がやっとまとまったのでようやく公開いたします。

 外したのも10タイトルになってますが偶然ですよ、けっして面倒くさいなどという理由で無い事を付け足しておきます、あしからず。

 

poison3rd.hatenablog.com

poison3rd.hatenablog.com

 

 

f:id:poison3rd:20190916123107j:plain

新・ジャングルの王者ターちゃん 徳弘正也

連載期間:1990年27号~1995年18号

  元は下ネタショートギャグマンガだったのですが、格闘路線にシフトチェンジして人気が出たパターン。

 下品ながらも純粋なターちゃんが、戦った後のセリフでホロッとさせられたり、シリアスなシーンでも緊張と緩和で下ネタを挟んで低年齢層の読者を飽きさせない様にしている工夫は流石。

 その流れはアシスタントだった尾田栄一郎先生にも確実に受け継がれています。

格闘路線になってから毎回ターちゃんの出生に関わる感じで親だったり家族かな?と思わせる展開だったのですが、あまりにEPの始まりがそればっかりだったので、あえなく10選からは外してしまいました。

  

f:id:poison3rd:20190916123147j:plain

地獄先生ぬ~べ~ 作:真倉翔 画:岡野剛

連載期間:1993年38号~1994年24号

 連載当時流行り始めていた学校ホラーをテーマに連載開始したのでしょうか?読み切り版はぬーぼーだったのですが、当時同じ名前のチョコ菓子が先に流行っていたので、しかたなく主人公の名前をぬ~べ~に変えたのでしょうか?

 妖怪系の作品は好きなのですが、やはり小学生時代に見ているので「赤いチャンチャンコ」や「赤マント」の回がトラウマ過ぎて・・

 大人になってから不ぞろいだった単行本を揃えたのですが、今見ても怖くて今回は10選からの選外となりました。

 いやー後期はお色気要素も高かったですが、やっぱり初期の頃がトラウマになっていてあまり思い出したくないというのもありますね。

 

 f:id:poison3rd:20190916123209j:plain

ヒカルの碁 作:ほったゆみ 画:小畑健

連載期間:1990年02・03合併号~2003年22・23合併号

 空前の以後ブームを巻き起こし、「キャプテン翼」を見てサッカー選手になった方いるようにこの作品をみて囲碁棋士になられた方もいるようですね。

 小畑先生の絵があったからこそ、囲碁という地味なテーマでもヒットしたのかと思うこの頃。

 佐為とのやり取りが好きだったので、囲碁のルールが分からなくても読んでいたのですが、中盤以降に佐為が居なくなってから流し読みになってしまっていたのでねぇ・・

いや通してみても面白いんですよ、新書版も完全版も文庫版も揃えて持っていますし。

最終決戦での対決は外圧では?との憶測も飛びましたが、素の実力での敗北は少年マンガとしては無いかとも思えましたが、未来へ希望の持てるリアルな敗北だったので良かったと思いました。

 素晴らしい作品なのですが、やっぱり佐為が居なくなったのが私的には残念で、連載当初は終盤をちゃんと読んでいなかったので今回10選から外す結果となりました。

まあ「DEATH NOTE」も入れてたしね・・?

 

 f:id:poison3rd:20190916123230j:plain

 トリコ 島袋光年

連載期間:2008年25号~2016年51号

 「食」をジャンプ人気のバトル物へと昇華したのは素晴らしく、冒険を邪魔するモンスターや幻の食材を「キン肉マン」の超人募集方式で展開したのは良かったのですが、実際作品に登場するとゲームからのパクリが発覚して問題になりました。

 読み切りの時から面白そうと思っていたのですが、どんどんグルメバトルからグルメが消えてきて、とりあえず「食事関係の単語を付けておけば良いよね」感が強まってきてしまったのが残念でした。

 ジュエルミートとかワクワクして久しぶりに単行本の発売を心待ちにしたんですがねぇ・・最終回での宇宙にまだ見ぬ食材を探しに行くENDは良かったのですがね。

  初期のトミーロッドとの闘いなんかはもの凄く興奮したのですが、残念ながら後半で「グルメ」というテーマを生かし切れていなかったのが今回10選から外した理由です。

 

f:id:poison3rd:20190916123259j:plain 

保健室の死神 藍本松

連載期間:2009年41号~2011年29号(最終回はジャンプNEXT!に掲載)

 連載開始時期から私的に好みだったのですが、それほど人気は出なさそうと思ってたら案の定。

 1巻発売日にとりあえず回れる書店は10店舗以上回ったのですが、1巻を入荷してる書店は無く悔し涙を流したものでした。思えばアンケートを出し始めたのもこの作品を応援する形で始めたんでした。

 連載後期は掲載順も後半が定位置でしたが、「ノルマンディー秘密倶楽部」の時と同じく可もないが、それほど不可でもない状態が続いたのか単行本は10巻まで連載が続き、更には最終回を当時のジャンプNEXTで掲載するという快挙?を成し遂げたのでした。

 本当ならば10選に入れても良かったのですが、なんとなく組織票的に良かった作品1位でアンケートを出し続けてた為、後ろめたさで今回は10選から外しました。

 

 

 

 さてさて、とりあえず「俺的ジャンプ作品10選」と「今回は残念ながら選外のジャンプ作品」をお届けしました。

 この記事を読んでくださった方も、友達と自分だけの10選を語ってみてはいかがでしょうか?一応のアクセスもそれなりにあるようなので、機会があればまた何かのテーマで行ってみたいと思います、それにしてもまとめるのは疲れた・・・


少年ジャンプTV-CM 60秒 Japanese comic magazine Shonen Jump TVC


CM 集英社 少年ジャンプ

 

 

 

地獄先生ぬーべー 1 (集英社文庫(コミック版))

地獄先生ぬーべー 1 (集英社文庫(コミック版))

 
ヒカルの碁 1 (ジャンプコミックス)

ヒカルの碁 1 (ジャンプコミックス)

 
トリコ 1 (ジャンプコミックス)

トリコ 1 (ジャンプコミックス)

 
保健室の死神  1 (ジャンプコミックス)

保健室の死神 1 (ジャンプコミックス)